春は別れの季節(だったんですね・・・)

お店をオープンしてから1年4ヶ月

アルバイトのスタッフさんに

助けられて営業を続けられています。


アンマールで働いてくれてる人は

辞めた方も含めて全員

仕事が出来て明るくて素直で

良い人なので別れは毎度さみしいのだけど。


基本みんな

出産とか家を買って引っ越しとか

資格を活かした次の仕事へ

ステップアップとか・・・

幸せになってアンマールを卒業していくので

いつも笑顔で見送ろう!

と心がけています。

(メソメソしちゃう時もあるけど)



でもこの春の卒業は・・・

大学生アルバイト今ちゃんの卒業は

なぜだか特に寂しくてさみしくて


理由を自分なりに

分析してみたところですね。。。



学生アルバイトが

学校の卒業と同時に

アルバイトも卒業、という

経験が私の長い社会人生活の中で

なんと初!


それプラス


私がまだ子供を産む前

バリッバリに

ガツガツ仕事していた頃の話


そこは小さな広告会社で

昼も夜もプライベートもなく

会社勤めしていました


常に締め切りや数字に追われ

小さな会社なので

通常業務以外の仕事も多く

精神的にも肉体的にもハードな仕事

(ここで勉強になったことも多いのですが

 それはまた別のお話で)


そんな環境の職場なので

離職率がめちゃくちゃ高く

季節問わず人が入ったり辞めたり

していたんですね


人が辞めていくことが日常になり

寂しさを感じないように

心を閉めたのか

本当に感覚が

麻痺してしまったのか


どちらか分からないけど

いつの間にか

人が辞めることに対して

何も感じなくなっていました



アンマールを始めてみんな楽しそうに

仕事してくれて私も嬉しくて

「人が辞める時はさみしい」

という感覚をどうやら取り戻すことが

できたようです


そして今ちゃんは

明るくて言われたらすぐに実行できる行動力と素直さがあって

賢くて物怖じせずに積極的に仕事に取り組めて

そしてなによりアンマール愛(笑)の強いこ!


ずっと助けられてきました。


人として大好きっていうのもあるけど

年が離れているので

なんかもう我が子のように感じてしまっていて。


転勤や異動もなく

大学生アルバイトが働く環境でもなく

人が年中出入りしている小さな会社で

働いていたからこその

今回のこの寂しさ!

初めて実感する別れの春!


今ちゃんが辞める前数週間は

寂しさをごまかすために

やけにはしゃいで接しちゃったりして。


最後の日はどんな涙涙のお別れになるかと思いきや

ちょうどお客さまがいらしてバタバタの中

「じゃあまた!!!」

みたいなお別れでした(笑)


なんだかお店の記事というか

完全に今ちゃんへのラブレターになってしまいましたが(笑)


今ちゃんもうすぐ入社式

(もう研修は少し始まってるみたいですが)

これから社会でのし上がっていく今ちゃんを楽しみにしています。


いつでも元気な時でも悲しい時でも

どんな時でもまたお店に遊びに来てくれたら嬉しいです。


お読みいただき

ありがとうございました。


明日もみなさまの「ひるめし」が

良いものとなりますように。



「よい ひるめしを。」


オリジナルチキンバーガー「とりサンド」専門店 unmarl(アンマール)のホームページです

当店の「とりサンド」は 鶏肉やバンズ、ソースを選び お好みの自分だけのオリジナルチキンバーガーを お召し上がりいただけるシステムです